フランクミュラー(FRANCK MULLER)の魅力

 検索キーワード: を除く
 ジャンル: 並び順: 価格:円〜

フランクミュラー(FRANCK MULLER)

 腕時計のブランドと言えば、ロレックス、オメガ、ブライトリング、タグホイヤー、ブルガリ、アニエスB、セイコー、カシオなど、人によっていろいろなメーカーが思い浮かぶと思いますが、フランクミュラーもその一つです。フランクミュラーと言えば、個性的な高級時計を作るブランドで、一時期日本でも騒がれました。今でもフランクミュラーの地位はなんら揺るいではいません。では、フランクミュラーとはどんなブランドなのでしょうか。

 フランクミュラーというブランドの名前は、創始者のフランクミュラーにちなんで付けられました。創業者フランクミュラーは、自分のブランドを立ち上げる以前から、天才的な時計職人としてスイスやヨーロッパ各国で名を馳せていました。

 フランクミュラーの時計は、そのユニークなデザインで有名ですが、特に トノースタイルはフランクミュラーの登場で、スイスの時計業界の定番になったといても過言ではありません。

 フランクミュラーの時計は、サイズとしては大ぶりなものが多く、最近のラージサイズが流行るきっかけにもなっていますが、いろいろな遊び心を満載しています。カラードリームやクレージーアワーズなど今までの時計の概念を覆す、ユニークなデザイと趣向がこめられています。

 特にフランクミュラーのベガスモデルは、時計の針がルーレットの役目を果たしている変り種。見ているだけでも飽きません。

 バンカーズモデルと呼ばれているものも、世界時間に対応したもので、デザインと機能の突飛さは、他の時計には見られないものです。

 しかしフランクミュラーの真骨頂は、トゥールビヨン(ツールビヨン、タービロンとも呼ばれる)に見られる、最高峰の機械時計技術をムーブメントに使っているモデルに有ります。

 フリー・オシレーション・トゥールビヨン・ジャンピングアワー付きのレギュレーター文字盤や、超絶技術のリバース・トゥールビヨン・ミニッツリピーター・パーペチュアルカレンダーなどは、フランクミュラーが成し遂げた、スイス機械式時計の金字塔です。

スイスの機械式時計を支えている時計工房

 スイスの機械式時計を支えているのは、有名なメーカーもさることながら、フランクミュラーなどに代表される、時計工房です。

 それらの時計工房に所属するマイスターが作る時計は、時計と言うより芸術品と言ってよく、基本的には毎年開かれるバーゼルの展示会でしかお目にかかることは出来ません。そしてマイスターと呼ばれる職人の作る時計は、1個でマンションが買えてしまうほど高価で貴重な時計ばかりなのです。

 フランクミュラーの時計も、アフターマーケットで未だに100万円以上の高値で取引されるほどの人気を誇っています。今後も彼の時計が評価されなくなる事はないでしょう。これからのフランクミュラーの時計が、どのように変化をしていくのか、技術的に枯れたシンプルな時計を作るのも興味のあるところです。

フランクミュラー腕時計用語解説

トノースタイル

 トノースタイルとは、腕時計のケース(文字盤を含む時計本体)の形の一種で、長方形の真ん中を膨らませたような形状のものです。トノーとはフランス語で樽のこと。まさに樽型の時計で、今は腕時計の形状としては多く見られますが、トノースタイルの元祖はフランクミュラーなのです。

 フランクミュラーのトノー型の時計は、従来のスクエアな時計と違い、大ぶりの時計をたる型にまとめ、尚且つ腕にフィットするように湾曲させたものです。

カラードリーム

 カラードリームとは、文字盤に刻まれた文字を一つずつ違ったカラーで塗り分けている、フランクミュラーの代表的なデザインです。今では、カラードリームを模倣したものも多く出回っていますが、カラードリームと言えばフランクミュラーというぐらい、フランクミュラーを代表するデザインの一つです。

クレイジーアワーズ

 クレイジーアワーズとは、普通の時計と違って時計のインデックス(時刻を表す数字)の並びが、いわゆる時計回りでなく、ランダムに刻まれているものです。長針が一回りするごとに、時針が次の時間へジャンプする動きが楽しいですが、技術的にも高度なもので、これもフランクミュラーの時計のギミックを代表するものとともに、フランクミュラーの時計に対する遊び心を表現したものとして広く知られているものです。

バンカーズモデル

 バンカーズモデルとは、マスターバンカーと呼ばれるフランクミュラーの腕時計のモデルの一つ。瞬時に世界の金融市場の時刻が分かれば、という友人の言葉をきっかけにフランクミュラーが、その独創的なアイディアと緻密な技術を詰め込み、一つの時計で3箇所の時刻が分かるようになっています。

トゥールビヨン

 トゥールビヨンとは、機械式時計に搭載される機構の一つで、時計の姿勢差を克服するために発明された特殊な脱進器(エスケープメント)のことで、「ツールビロン」「タービロン」などとも呼ばれています。1795年、アブラアン・ルイ・ブレゲにより発明されました。

 トゥールビヨンは、時計の姿勢の変化による姿勢差を調整するギミックのことです。腕時計は腕にはめて使用するという性質上、横を向いたり縦を向いたりと、設置される方向が一定しないため、内部のムーブメントは様々な方向からの力が働きます。長時間、機械式の腕時計を置きっぱなしにすると、おき方によっては大幅に時間が狂ってしまうこともあります。これが姿勢差と呼ばれるもので、時計の置かれる姿勢により等時性が変化してしまうのです。

 トゥールビヨンを組み込んだ腕時計は、4番車と呼ばれる歯車の上に雁木車とアンクル、テンプ一式を取り付けることにより、脱進器自体が回転(通常1分間に1回転)します。それによって垂直方向の姿勢差を時計自ら分散させることができるのです。

 トゥールビヨンは腕時計に関する技術の中でも大変優れたギミックですが、部品の点数も多くなり、細かな部品を密集させて組み立てられるため、組み立てには高度な技術が必要で、また製作にも時間を要することから、トゥールビヨン機構を組み込んだ腕時計は価格も高額になります。 トゥールビヨンは「機械式時計の最高峰」などという文言で表されることもよくあります。